20万人の学生が選ぶ!働きたい企業50社

BACCS(バックス)

名古屋プロパン瓦斯株式会社

学生が選んだ理由 編集部レポート

エネルギー業界をリードする、名古屋プロパン瓦斯の人間力

電力・ガスの自由化によって大変革期を迎えているエネルギー業界。そんな中、お客様第一主義を掲げる名古屋プロパン瓦斯の提案力は群を抜いている。「痒いところに手が届く人対人のサービス」を強みに、販売店や各家庭における「エネルギーに関する不安や悩み」を解決。LPガスにこだわり続ける老舗企業ならでは経験とノウハウは、今後のエネルギー業界に欠かせない存在であり続けるだろう。

名古屋プロパン瓦斯株式会社 写真

名古屋プロパン瓦斯株式会社
所在地 愛知県名古屋市東区大曽根1-3-17
設立 1954年2月
資本金 4,275万円
事業内容 LPガス販売、新エネルギー、水事業
企業URL http://www.nagoyapropane.co.jp/
採用情報 http://www.nagoyapropane.co.jp/recruit.html
代表者 後藤庄樹

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。

INTERVIEW

営業第一部 部長   伊勢営業部 竹川正明 小林久子

名古屋プロパン瓦斯株式会社 写真

お客様第一主義を徹底した、
人対人のサービス
安心・安全に使っていただくエネルギーを提供するために

営業第一部は一般家庭を対象にした業務を行っており、現在は管理職も含めて40名程度の部署になりました。取引件数は約2万件を数え、営業のみならず、ガスの検針や集金、保安業務全般の役割を担っています。
私は入社21年目を迎え、現在は営業第一部の部長として人材の育成や管理にも注力していますが、何よりも大切にしてきたことはやはり、お客様第一主義をいかに徹底できるか。ガスの必要性を的確にお伝えし、末長く安心・安全に使っていただくエネルギーを提供できなければ意味がありません。だからこそ営業職とは言え、保安があってこその営業だと認識しています。それが強いてはお客様との信頼を築き、会社の成長にも繋がっていくものだと思うからです。

「ありがとう」を頂くために、「人の役に立てる仕事」を

新卒で入社してからというもの、諸先輩方や現場の中で様々な経験を積んできました。当時から変わらずに思い描いていたのは、「人の役に立つ仕事がしたい」ということです。現在はガス・電気の自由化が始まり、エネルギー事業への注目が高まってきた時代でもありますから、そこを一歩抜け出していくためにもお客様ファーストをさらに浸透・継続させていく必要があると思っています。常に真摯な説明や提案を心がけ、一件でも多くのお客様と心を通わせる時間を作っていかなければいけません。それが「人の役に立つ仕事」になっていくと確信していますし、我々の事業を通じて「ありがとう」と言っていただけるような仕事がしたい。また、そうして培った経験やノウハウを次の若い世代に教え伝えていくことも私の大切な役割の一つだと言えるでしょう。今後はSNSでの発信を活用するなど今の時代のニーズに即したサービスを追求しながら、日進月歩の業界をリードしていくためにも私自身が日々成長していかなければいけないですね。

営業第二部 伊勢営業部 小林久子さん 

私は中途入社して15年、内勤業務を経て、現在は既存ガス販売事業者様のフォロー営業をしています。営業職に異動してから半年が経ちますが、受け身の仕事が多かった内勤業務に比べ、自ら提案をしたり、結果が求められるのが今の仕事。営業職は全て自分発信の仕事ですから、お客様のお声が全て自分に返って来ることがモチベーションにもなりますし、より大きな責任を感じています。その中でも心がけているのは、日々更新されていく情報をお客様にいち早くお伝えし、「絶対に損はさせません」という思いで営業活動をしていくこと。お客様ごとに求めるニーズも違いますから、提案の幅をさらに広げていきながら信頼関係を深め、販売事業者様とエンドユーザーとなるお客様の橋渡しができるような存在になれたらと思っています。

上司やお客様に恵まれ、今の私があるということ

面接の時から感じていたアットホームな社風に惹かれ、中途での入社を決意しました。右も左も分からない状態からこの業界に飛び込みましたが、子育てと仕事の両立も理解して頂き、入社後も気軽に相談できる環境が現在の私の成長を後押ししてくれました。だからこそ私にとって、名古屋プロパン瓦斯という会社は「仕事の楽しさを教えてくれた会社」。素晴らしい上司に恵まれただけでなく、多くのお客様から沢山のご質問やお問い合わせを頂いた事で、幅広い知識を得ることもできました。上司やお客様に育ててもらったという思いが強くあります。だからこそ感謝の気持ちを忘れずに、常に痒いところに手が届くような営業としてチャレンジを続けていきながら、周囲の方々への恩返しができればと思っています。