株式会社新日本リフォームの企業ロゴ

学生が選んだ理由編集部レポート

人間力でリピート率を高める会社
株式会社新日本リフォームは、平成12年の創業から十数年間で徳島を拠点として、高知、愛媛など四国を足がかりに、岡山、兵庫に進出。着々と全国へと展開している注目のリフォーム業者です。匠の技を持つ様々な分野のプロフェッショナルがいることでお客様からの満足度の高い同社だが、なにより社員の「人間力」がお客様のリピート率を高めている。

所在地

徳島県板野郡藍住町住吉字千鳥ヶ浜62-4

設立

2000年4月

資本金

1,000万円

事業内容

建設業、リフォーム

企業URL

http://www.sn-reform.jp/

採用情報

http://sn-reform.jp/recruit/

代表者

尾崎 亮   KENJA GLOBALへ

INTERVIEW

兄貴のような存在
私は学生時代、勉強せずあまり真面目な人間ではありませんでした。高校もとりあえず卒業しておけばいいやという感覚でしたね。そんな事だから高校卒業後は、就職先がなかなか決まりませんでした。色々と仕事を探している時に、地元が一緒で、昔からの知り合いでもあった尾崎社長に「一緒にやらないか」と声をかけてもらい会社に誘ってもらいました。私にはデスクワークよりも現場に出て体を使った仕事の方が向いているし、長く続けられる仕事と思い入社を決めました。入社してすぐの頃は、新鮮な事だらけで、とても楽しかったですね。周りにも年の近い同僚が多く、尾崎社長もとても面倒見が良くて、私を兄弟のように接してくれました。お金が無い時もそれを私達後輩には隠して奢ってくれたり、当時若かった私にとって本当に頼れる存在でした。
建築業でなくサービス業
入社1年目は仕事の内容・順序などをできるだけ早く覚えていく為に、現場の作業見習いから始めました。初めは、マナーがなっていないと毎日怒られましたね。掃除や私語、連絡相談、歩き方など、他の人が気づかないような細かいマナーにも目を光らせていた。尾崎社長がよく言っていたのは「この仕事は建築業でなくサービス業。お客様あっての仕事なんや」という事。正直、当時は若さゆえに煩わしいと思う事もありましたが、尾崎社長のおかげで私は成長できたと思います。2年目以降は班長・主任として勤務し、新規店舗開設にともない店長を任されるようになりました。今まで、もう辛く大変な時期もありましたが、1度も辞めようなんて思った事はありませんね。むしろ、大事な仲間もいたし、なにより尾崎社長を押し上げていきたい、そんな思いの方が強かったです。この仕事を続けていく中でより大きな責任を引き受ける事ができるようになりました。
現場監督という仕事
私は現在、現場監督をしています。簡単にいえばお客様と私ども会社の橋渡し役です。お客様のお宅に営業のスタッフがお伺いし、リフォームのご提案をいたします。お客様がご納得され、ご契約いただけましたら私の出番となります。営業のスタッフがご提案したプランは適切か否か、契約書上の必要部材に過不足はないかなど、お客様とのご契約を精査します。また実際の工事に入りましたら、契約通りの施工がなされているか、安全面に配慮した工事がなされているかなど、現場監督としての仕事も含まれます。現場管理を通じて、お客様の要望を伺いながら内容をよく理解し要望通りに形で完成できた時には、やりがいを実感しますね。
全国展開を目指して
現在、徳島に本社を置き全国展開を目指しておりますが、今年からは大阪にも本社を置き、支社についても京都、愛媛(新居浜)と新設して、四国・関西を拠点に展開していきます。 その為にはお客様の些細なご要望にお答え出来る新たな優秀な人材の採用にも力を入れております。 また従来の事業所から営業スタッフがお客様の元へお伺いする営業スタイルに加え、インターネットからのお問い合わせ等にもお答え出来るように日々新しい取り組みや、 お客様にお気軽にご利用いただけるリフォームサービスのコンビニエンスストアを開設していきたいと考えています。弊社で活躍できるであろうリーダー像は、「行動力のある人」これに尽きます。とは言っても、もちろん自分勝手な独りよがりの行動力では通用しません。周囲との協調性・困難にも負けない精神力なども重要です。その中で真面目にコツコツと結果を重ねていける人が自然とリーダー的存在になっていくのではないでしょうか。 人として当然のこと、挨拶をする、感謝の心を持つなどという人間力が日々の仕事にとって重要なのではないかと考えています。